松本重太郎 まつもと じゅうたろう(1844〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:京都府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 京都府
生没年月日 天保15年10月5日〜大正2年6月20日
1844年11月14日〜1913年6月20日)
号・別称等 雙軒(そうけん)

解説

父は農業松岡亀右衛門。京都の呉服店、大阪の太物問屋に勤めたのち、独立。明治3年(1870)大阪心斎橋で洋反物・雑貨商店「丹重」を開業。輸入品の販売等で財を築く。11年第百三十国立銀行を設立し、取締役兼支配人となる。13年頭取に就任。大阪共立銀行、名古屋の明治銀行などの設立に参加し、重役を兼任。大阪紡績(後の東洋紡績)、山陽鉄道、大阪麦酒(後のアサヒビール)など様々な企業の経営に関与し、関西経済界に大きな影響力をもった。29年に衆議院議員当選。37年第百三十国立銀行が破たんした際は、自分の資産を提供し、引退。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:双軒松本重太郎翁伝
請求記号:398-124
白黒、9.5×13.2 cm