川崎正蔵 かわさき しょうぞう(1837〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 天保8年7月10日〜大正元年12月2日
1837年8月10日〜1912年12月2日)
号・別称等 川崎磯治
川崎利右衛門

解説

父は呉服商川崎利右衛門。長崎で貿易商を営んだ後、大阪に出て薩摩の産物を近畿に輸送・販売して財を築く。明治4年(1871)上京。6年日本国郵便蒸気船会社副頭取となる。東京と琉球間の郵便航路を開設。11年東京築地に造船所を設立。13年神戸に兵庫川崎造船所を開設。官営の兵庫造船所の払下げを受け、一本化して20年に川崎造船所(後の川崎重工業)とする。23年貴族院議員、『神戸新聞』の創刊、神戸川崎銀行の設立などに注力。29年株式会社に改組し、顧問となり、隠退。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:川崎正蔵
請求記号:354-113
白黒、10.7×15.5 cm