鶴原定吉 つるはら さだきち(1857〜1914)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:つ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚実業家
出身地(現在) 福岡県
生没年月日 安政3年12月15日〜大正3年12月2日
1857年1月10日〜1914年12月2日)

解説

父は福岡藩士。明治16年(1883)東京大学文学部を卒業後、外務省を経て、25年日本銀行に入行、32年理事に就任。33年立憲政友会創立に参加、34年大阪市長に就任、市政の改革を行った。38年韓国統監府の総務長官に就任、40年第3次日韓協約の締結を推進。この他、関西鉄道会社、大日本人造肥料会社、蓬莱生命保険会社、立憲政友会機関紙『中央新聞』の各社長を歴任。45年衆議院議員となる。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:鶴原定吉君略伝
請求記号:349-482
白黒、8.4×12.4 cm