田中光顕 たなか みつあき(1843〜1939)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚政治家
出身地(現在) 高知県
生没年月日 天保14年閏9月25日〜昭和14年3月28日
1843年11月16日〜1939年3月28日)
号・別称等 青山(せいざん)

解説

父は高知藩士浜田充美。勤王運動を経て明治政府に出仕。明治元年(1868)兵庫県権判事。4年10月、岩倉遣外使節団に加わり欧米諸国を視察。帰朝後、陸軍省に出仕、会計局長を経て、14年陸軍少将、17年長官、18年内閣書記官長、元老院議官、22年警視総監、23年貴族院議員等を歴任した。24年に宮中顧問官に転じ、宮内次官を経て、31年(1898)2月、第3次伊藤内閣で宮相に就任。以後、42年まで宮相を務め、宮中政治家としての勢力を確立した。また明治維新の志士の遺墨等の蒐集につとめ、青山文庫、多摩聖蹟記念館等を設立。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:田中青山伯
請求記号:349-434
カラー、10.6×15.3 cm