矢野二郎 やの じろう(1845〜1906)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 弘化2年1月15日〜明治39年6月17日
1845年2月21日〜1906年6月17日)
号・別称等 矢野次郎(やの じろう)

解説

幕臣富永惣五郎の次男として生まれた後、矢野氏に移籍。英語を学んで外国方訳官となり、文久3年(1863)遣欧使節に随行、翌年帰朝する。維新後は横浜に翻訳所を開くが、明治3年(1870)森有礼の推薦で外務省にはいり渡米、一時駐米代理公使となった。8年(1875)に帰国すると外務省を辞し、森が開設した日本最初の商業教育機関である商法講習所の初代所長となる。以後、商法講習所を継承した東京商業学校、高等商業学校(現一橋大学)の校長を26年までつとめ、日本の商業教育の基礎を築いた。37年貴族院議員に勅選。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:矢野二郎伝
請求記号:348-59
白黒、7.5×13.1 cm