本多庸一 ほんだ よういつ(1849〜1912)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ほ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:宗教家[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:青森県[前の人物次の人物]

職業・身分 教育家宗教家
出身地(現在) 青森県
生没年月日 嘉永元年12月13日〜明治45年3月26日
1849年1月7日〜1912年3月26日)
号・別称等 庸一(よういち)

解説

父は弘前藩士。明治5年(1872)留学先の横浜で受洗し、伝道を行う。7年東奥義塾塾頭になり、8年に弘前日本基督公会を設立。自由民権活動にも従事し、15年青森県会議員に当選。19年議員を辞職し、メソジスト派の牧師となる。21年米国に留学。23年帰国し、東京英和学校(後の青山学院)長に就任。36年日本基督教青年会同盟初代委員長。メソジスト3派の合同に尽力し、40年に日本メソジスト教会監督に選任される。44年日本基督教会同盟会長。45年内務省主催の三教会同にキリスト教代表として参加した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:本多庸一先生遺稿
請求記号:324-582
白黒、7.0×9.1 cm