関口隆吉 せきぐち たかよし(1836〜1889)

現在のカテゴリー:生年月日順:1830年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:せ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保7年9月17日〜明治22年5月17日
1836年10月26日〜1889年5月17日)
号・別称等 艮輔(ごんすけ)
黙斎(もくさい)
頼藻

解説

父は幕臣(与力)。朱子学、兵法を学び攘夷派志士と交流する。御持弓与力、市中取締役の後、江戸城明渡しの際には、精鋭隊頭取兼奉行支配調役として治安維持に尽力した。維新後は明治政府に出仕。明治5年(1872)三瀦県(現福岡県)権参事、6年山形県権令等を経て、8年山口県令となり、9年萩の乱鎮圧に尽力。14年元老院議官となり、在任中に地方巡察使として詳細な復命書を残す。17年静岡県令、ついで19年初代静岡県知事に就任し、治水・治山などに尽力した。言語学者の新村出は次男、天文・気象学者の関口鯉吉は三男。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:関口隆吉伝
請求記号:304-175
白黒、9.1×12.9 cm