丸山作楽 まるやま さくら(1840〜1899)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家学者(人文科学)
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保11年10月3日〜明治32年8月19日
1840年10月27日〜1899年8月19日)
号・別称等 丸山正路
丸山東海
丸山磐之屋(まるやま いわのや)

解説

父、丸山正直は肥前島原藩士。平田鉄胤に国学を学び、勤皇志士と交わった。明治2年(1869)外務大丞となり、樺太でロシアと交渉。4年征韓意見に同調したために投獄されるが、13年恩赦により出獄。14年『明治日報』を創刊。15年福地源一郎らとともに立憲帝政党を結成。19年宮内省図書助となり、20年渡欧して各国の帝室制度調査にあたる。21年帝室制度取調掛となった。23年元老院議官、貴族院議員勅撰。成城学校の創立者。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:涙痕録
請求記号:86-98
白黒、10.6×14.7 cm