鳩山和夫 はとやま かずお(1856〜1911)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家政治家教育家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 安政3年4月3日〜明治44年10月3日
1856年5月6日〜1911年10月3日)

解説

父は美作国勝山藩士。明治8年(1875)東京開成学校卒。法律学を修める。同年文部省より米国留学を命じられ、コロンビア大学、エール大学にて学ぶ。13年帰国後、東京大学講師に就任、代言人を開業する一方、東京府会議員を経て、18年外務省取調局長、翻訳局長心得などを務め、19年帝国大学法科大学教授となる。25年衆議院議員総選挙に当選(以後連続9回当選)。26年法典調査会委員、29年衆議院議長。31年大隈内閣の外務次官。また23年から40年までの間、東京専門学校(早稲田大学)の3代目校長を務めた。法学博士。鳩山一郎の実父。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治弁護士列伝 肖像入
請求記号:80-76
白黒、7.9×10.8 cm