山田喜之助 やまだ きのすけ(1859〜1913)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:や[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物]

職業・身分 法律家政治家
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 安政6年6月1日〜大正2年2月20日
1859年6月30日〜1913年2月20日)
号・別称等 山田奠南(やまだ てんなん)

解説

父は商人。明治15年(1882)に東京大学法学部法学科を卒業し代言人となる。法律事務に従事する傍ら、東京専門学校(後の早稲田大学)設立の際は大隈重信を補佐し、英吉利法律学校(後の中央大学)の設立発起人の一人となった。18年司法省権少書記官になり、大審院検事・同判事を歴任。22年におきた、旧民法及び旧商法の施行の延期等をめぐる論争「法典論争」の際には、英国法の専門家として延期の意見を展開した。24年大審院判事の職を辞し、再び代言人となる。東京代言人組合会長を3期務めた。衆議院書記官長を経て、31年(1898)に衆議院議員に当選。38年日露戦争後に起こった講和条約反対国民大会においては、主唱者に名を連ねた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治弁護士列伝 肖像入
請求記号:80-76
白黒、7.8×11.6 cm