横田千之助 よこた せんのすけ(1870〜1925)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:栃木県[前の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 栃木県
生没年月日 明治3年8月22日〜大正14年2月4日
1870年9月17日〜1925年2月4日)

解説

商家に生まれるが、実家が没落したため丁稚を経て上京、東京法学院(後の中央大学)在学中に星亨の書生となり、明治22年(1889)卒業後は星の下で弁護士として活動した。のちに実業界でも活躍する。45年(1912)衆議院議員(当選5回、政友会)に当選すると、原敬の信任を得て、政友会幹事長や原内閣法制局長官等をつとめる。大正10年(1921)ワシントン会議全権随員。原の死後は、高橋是清新総裁を支持して床次竹二郎らの反対派と対立。政友会を第二次護憲運動に参加させ、加藤高明(護憲三派)内閣の司法相をつとめたが、在任中に死去した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:明治弁護士列伝 肖像入
請求記号:80-76
白黒、7.9×11.3 cm