小野梓 おの あずさ(1852〜1886)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家学者(社会科学)官僚
出身地(現在) 高知県
生没年月日 嘉永5年2月20日〜明治19年1月11日
1852年3月10日〜1886年1月11日)

解説

法律学者。父は高知藩士。戊辰戦争に従軍。明治5年(1872)米英に留学し、帰国後の7年に結社「共存同衆」を結成し、啓蒙活動を行う。9年以降、新政府に出仕し、司法少丞、元老院少書記官、会計検査官などを務め、法制整備に携わる中で大隈重信と親交を深める。明治14年の政変により、下野。15年には、立憲改進党の創設に参加するとともに、東京専門学校(後の早稲田大学)を設立し、講師となる。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:小野梓
請求記号:77-126
白黒、10.2×13.6 cm