西村捨三 にしむら すてぞう(1843〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:に[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:滋賀県[前の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 滋賀県
生没年月日 天保14年7月29日〜明治41年1月14日
1843年8月24日〜1908年1月14日)
号・別称等 有信
酔処

解説

父は彦根藩士。江戸で塩谷宕陰に学び、藩校弘道館の教授となる。慶応4年(1868)有栖川軍参謀として戊辰戦争に参加。維新後、彦根藩権大参事、島根県参事等の後、明治5年(1872)欧米渡航。帰国後、10年内務省に入る。14年警保局長、16年兼沖縄県令、19年土木局長、22年大阪府知事等を歴任。府知事時代には淀川の改修や上水道の敷設に尽力した。24年農商務次官に就任するが、26年依願退職し、同年より北海道炭鉱鉄道社長、30年大阪築港事務所長を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:御祭草紙
請求記号:63-17
白黒、10.0×14.7 cm