高橋作衛 たかはし さくえ(1867〜1920)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:た[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 慶応3年10月10日〜大正9年9月12日
1867年11月5日〜1920年9月12日)
号・別称等 月山

解説

法学者、法学博士。高遠藩儒官高橋白山の長男。明治27年(1894)帝国大学法科大学卒。海軍大学校教授となり国際法を担当。日清戦争では常備艦隊司令長官法律顧問として従軍する。イギリス、フランス、ドイツに留学後、東京帝大教授。国際公法、外交史を担当する。36年対露強硬、満洲保全を主張する意見書(いわゆる「七博士意見書」)を起草し、首相、小村外相らに提出した。大正3年(1914)第2次大隈内閣の法制局長官を務め、5年貴族院議員に勅選される。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:月山遺稿
請求記号:11-572
白黒、8.9×12.3 cm