和田維四郎 わだ つなしろう(1856〜1920)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:わ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福井県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(自然科学)[前の人物]

職業・身分 学者(自然科学)官僚
出身地(現在) 福井県
生没年月日 安政3年3月15日〜大正9年12月20日
1856年4月19日〜1920年12月20日)
号・別称等 雲村(うんそん)

解説

鉱物学者。父は小浜藩士。開成学校で鉱物学を学び、明治11年(1878)東京大学理学部地質学科のナウマン教授のもとで助教。15年地質調査所の初代所長、17年ドイツ留学した後、18年東京大学理学部教授を兼任。22年農商務省鉱山局長も兼ね、鉱業条例を制定。また、近代的製鉄所設立に努め、30年製鉄所長官となる。鉱物標本の収集・分類、鉱物名の日本語訳に努め、『本邦金石略誌』(1878)『日本鉱物誌』(1904)などを著し、日本の近代鉱物学を確立した。大正6年(1917)貴族院議員。古文書の収集、研究でも知られ、『訪書余録』(1918)などを著し、科学的書誌学を開拓した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:故和田維四郎君追悼会記事
請求記号:11-540
白黒、10.4×15.1 cm