千葉三郎 ちば さぶろう(1894〜1979)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ち[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:千葉県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 千葉県
生没年月日 明治27年1月25日〜昭和54年11月29日
1894年1月25日〜1979年11月29日)

解説

大正8年(1919)東京帝大法学部卒業後、北米プリンストン大学院で学ぶ。14年衆議院議員。昭和7年(1932)政界を離れ、南米開拓や、石油関連事業に従事。20年宮城県知事となり、24年再び衆議院議員となる。26年サンフランシスコ講和会議に衆議院より派遣される。29年第1次鳩山内閣労相。東京農業大学の学長も務める。51年政界を引退。その後、ブラジルで新エネルギーの開発に力を注ぐ。54年メキシコシティーで客死。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:講和会議より帰りて
請求記号:Y181-G24
白黒、7.2×10.6 cm