宇都宮徳馬 うつのみや とくま(1906〜2000)

現在のカテゴリー:生年月日順:1900年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:う[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治39年9月24日〜平成12年7月1日
1906年9月24日〜2000年7月1日)

解説

京都帝大経済学部に入学し河上肇に師事するが、昭和4年(1929)四・一六事件で検挙されるが翌年保釈。13年ミノファーゲン製薬本舗を設立し、社長となる。22年日本自由党に入党、27年衆議院議員に初当選し、以来10回当選。30年行政管理政務次官を務める。自民党内反主流派として日中国交正常化や軍縮の実現に尽力。51年ロッキード事件後に自民党を離党、衆議院議員辞職。55年無所属で参議院議員に当選。平成4年政界を引退。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:宇都宮徳馬最近の政論集
請求記号:Y181-G210
白黒、9.0×9.0 cm