穂積重遠 ほづみ しげとお(1883〜1951)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ほ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治16年4月11日〜昭和26年7月29日
1883年4月11日〜1951年7月29日)
号・別称等 穂積重遠(ほづみ しげと)

解説

法学者。穂積陳重の長男。明治41年(1908)東京帝大法科大学卒。大正元年(1912)民法、法理学研究のためドイツ、フランス、イギリス、アメリカに留学し、5年帰国。同年東京帝大教授となり、民法、法理学講座を担当する。特に家族法の領域で多くの業績を残す。昭和5年(1930)より3度法学部長。19年貴族院議員。戦後は東宮大夫兼東宮侍従長、最高裁判所判事を務める。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:家族法の諸問題 穂積先生追悼論文集
請求記号:324.6-Su673h
白黒、10.1×13.5 cm