小中村清矩 こなかむら きよのり(1822〜1895)

現在のカテゴリー:生年月日順:1820年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(人文科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(人文科学)
出身地(現在) 東京都
生没年月日 文政4年12月30日〜明治28年10月11日
1822年1月22日〜1895年10月11日)
号・別称等 将曹(しょうそう)
陽春廬(やすむろ)

解説

国学者。父は原田次郎八。後に叔母の婚家である小中村家の養子となる。亀田鶯谷、伊能穎則、本居内遠らに学び、幕末、和歌山藩の古学館頭取となり、幕府の和学講談所にも出講。明治維新以後は、太政官制度取調掛、内務省社寺局御用掛などを歴任。東京大学教授、東京学士会院会員、『古事類苑』編纂委員長となる。明治21年(1888)日本の学位令で、初の文学博士の学位を受け、26年貴族院議員に勅選された。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:日本官職制度沿革史
請求記号:322.1-Ko583k-t
白黒、6.1×9.0 cm