重光葵 しげみつ まもる(1887〜1957)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家外交官
出身地(現在) 大分県
生没年月日 明治20年7月29日〜昭和32年1月26日
1887年7月29日〜1957年1月26日)

解説

明治44年(1911)東京帝大法科大学卒。昭和4年(1929)以降、上海総領事、駐華特命全権公使等を歴任し、7年には爆弾テロ事件で片足を失う。8年以降、外務次官、駐ソ、駐英、駐華の各特命全権大使を務め、また東条内閣、小磯内閣、東久邇宮内閣でそれぞれ外相に就任し、戦中、戦後外交を進めた。23年A級戦犯として禁固7年の判決を受け、25年仮釈放。27年改進党総裁、同年第25回総選挙で衆議院議員に当選し、以後第27回総選挙まで連続当選。日本民主党副総裁、第1次~第3次鳩山内閣の外相を務め、日本の国際連合加盟に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:外交回想録
請求記号:319.1-Si291g
白黒、11.0×14.3 cm