石射猪太郎 いしい いたろう(1887〜1954)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 福島県
生没年月日 明治20年2月6日〜昭和29年2月8日
1887年2月6日〜1954年2月8日)

解説

明治41年(1908)上海の東亜同文書院商務科を卒業。南満洲鉄道勤務を経て、大正4年(1915)外務省入省。昭和4年(1929)吉林総領事となり、満洲事変不拡大の方針を貫き、12年盧溝橋事件の際は東亜局長として和平交渉に務めた。13年宇垣一成外相に日中の和平を求める意見書「今後の事変対策に付ての考案」を提出したが、宇垣の辞任に伴い東亜局長を退いた。以後オランダ駐箚特命全権公使、ブラジル駐箚特命全権大使を務めた後、ビルマ駐箚特命全権大使として終戦を迎えた。21年退官、公職追放の後、幣原平和財団理事在任中死去。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:外交官の一生
請求記号:319.1-I577g
白黒、9.0×13.4 cm