来栖三郎 くるす さぶろう(1886〜1954)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:く[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:神奈川県[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官
出身地(現在) 神奈川県
生没年月日 明治19年3月6日〜昭和29年4月7日
1886年3月6日〜1954年4月7日)

解説

明治42年(1909)東京高等商業学校(後の一橋大学)を卒業後、43年外務省に入り、漢口在勤。各国で領事、総領事、公使を務め、昭和7年(1932)通商局長、11年ベルギー駐箚特命全権大使、14年ドイツ駐箚特命全権大使を歴任。15年日独伊三国軍事同盟の調印式に日本代表として参加。16年11月特命全権大使として渡米し、日米交渉において野村吉三郎駐米大使を補佐。戦争回避に努める。22年公職追放。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:日米外交秘話 わが外交史
請求記号:319.153-Ku929n
白黒、11.3×16.6 cm