沖禎介 おき ていすけ(1874〜1904)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:その他[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長崎県[前の人物次の人物]

職業・身分 その他
出身地(現在) 長崎県
生没年月日 明治7年6月〜明治37年4月21日
1874年6月〜1904年4月21日)

解説

大陸浪人、諜報活動家。父は判事。第五高等中学校卒業。東京専門学校中退。内田良平と関係をもち、黒竜会に出入りする。明治34年(1901)大陸へ渡り、北京で東文学社教師をつとめる。36年文明学社を設立。日露戦争勃発後、横川省三らと諜報活動に従事。チチハルに潜入中、鉄道橋梁爆破直前にロシア軍に捕まり、横川とともに銃殺される。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近世名士写真 其2
請求記号:427-53
白黒、21.0×27.0 cm