鈴木義男 すずき よしお(1894〜1963)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:す[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:福島県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家学者(社会科学)法律家
出身地(現在) 福島県
生没年月日 明治27年1月17日〜昭和38年8月25日
1894年1月17日〜1963年8月25日)

解説

大正8年(1919)東京帝大法律科卒。東北帝大、法政大教授等を歴任。昭和20年(1945)日本社会党結成に加わり、翌年衆議院議員に当選、22年片山内閣の司法相となる。23年法務庁新設に伴い、初代法務総裁に就任、続く芦田内閣でも留任。また、臨時法制調査会委員、検察官適格審査委員会委員、裁判官弾劾裁判所裁判員などに就任する一方、27年より専修大学学長。35年民主社会党結成に参加し、同党統制委員長、国会議員団長となる。法学博士。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、11.1×8.0 cm