椎名悦三郎 しいな えつさぶろう(1898〜1979)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:し[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岩手県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 岩手県
生没年月日 明治31年1月16日〜昭和54年9月30日
1898年1月16日〜1979年9月30日)

解説

後藤新平の甥で、新平の姉の嫁ぎ先椎名家の養子となる。大正12年(1923)東京帝大法学部卒業後、農商務省入省。昭和8年(1933)から満洲国政府に勤務。14年商工省に転じ、以降商工次官、軍需次官などを歴任。22年公職追放、26年追放解除。30年の第27回総選挙で衆議院議員に当選し、以後第34回総選挙まで連続当選。第2次内閣で官房長官を務めたほか、通産相、外相、自由民主党政調会長、同総務会長、同副総裁などの要職を歴任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、8.0×11.3 cm