大石武一 おおいし ぶいち(1909〜2003)

現在のカテゴリー:生年月日順:1900年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:医師・薬剤師等[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家医師・薬剤師等
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 明治42年6月19日〜平成15年10月19日
1909年6月19日〜2003年10月19日)

解説

代議士大石倫治(りんじ)の長男。昭和10年(1935)東北帝大医学部卒業後、同大学助教授を経て国立仙台病院内科医長。23年衆議院議員。農林政務次官、運輸政務次官等を経て、46年第3次佐藤内閣環境庁長官に就任。尾瀬の環境保全や公害対策など、環境行政に積極的に取り組んだ。51年三木内閣農相。52年参議院議員。58年新自由クラブに移り、国際軍縮促進議員連盟会長等を務めた。政界引退後は、緑の地球防衛基金を創設し、会長に就任した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、8.1×11.4 cm