佐藤尚武 さとう なおたけ(1882〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:外交官[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大阪府[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 外交官政治家
出身地(現在) 大阪府
生没年月日 明治15年10月30日〜昭和46年12月18日
1882年10月30日〜1971年12月18日)

解説

旧姓田中。外交官佐藤愛麿の養子となる。明治37年(1904)東京高等商業学校(後の一橋大学)卒。翌年外務省に出仕し、大正6年(1917)ハルビン総領事、12年ポーランド駐剳特命全権公使を経て、昭和2年(1927)国際連盟帝国事務局長となり、ジュネーブ海軍軍備制限会議では、全権委員随員として参加。4年ロンドン海軍軍縮会議全権委員随員(事務総長)、5年ベルギー駐箚特命全権大使。8年国際連盟臨時総会で、満洲国否認決議に抗議し、松岡洋右らと共に退席。同年フランス駐箚特命全権大使、12年内閣外相。17年ソ連邦駐箚特命全権大使、戦争末期には東郷外相に終戦意見を具申。21年枢密顧問官、22年参議院議員当選、緑風会に所属。24年参議院議長。また、国際連合協会会長として、日本の国連加盟に努めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、8.1×11.4 cm