佐々木更三 ささき こうぞう(1901〜1985)

現在のカテゴリー:生年月日順:1900年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:さ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家社会運動家
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 明治34年7月10日〜昭和60年12月24日
1901年7月10日〜1985年12月24日)
号・別称等 弥左衛門

解説

昭和3年(1928)日本大学専門部政治学科卒。学生時代から労働運動に加わる。5年に宮城県に帰り、小作争議を指導。首謀者として逮捕される。全農宮城県連書記長を経て、12年仙台市議会議員に当選するも、翌年、人民戦線事件に連座し逮捕。戦後、日本社会党結成に参加。22年の総選挙で衆議院議員に当選。26年の党分裂では社会党左派に属す。30年の党統一後は党内左派のリーダーとして江田三郎の構造改革路線と対立。39年に党副委員長、40~42年まで党委員長を務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、8.1×11.4 cm