吉野信次 よしの しんじ(1888〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:よ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:宮城県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家官僚
出身地(現在) 宮城県
生没年月日 明治21年9月17日〜昭和46年5月9日
1888年9月17日〜1971年5月9日)

解説

政治学者吉野作造の弟。大正2年(1913)東京帝大法科大学卒。農商務省に入り、昭和6年(1931)商工次官。12年第1次近衛内閣の商工相に就任。賀屋興宣蔵相と共に「財政経済三原則」(いわゆる「賀屋・吉野三原則」)を提起し、戦時統制経済を指導した。13年満洲重工業開発副総裁、貴族院議員となり、18年愛知県知事。戦後公職追放となったが、28年宮城県地方区から参議院議員に当選、30年第3次鳩山内閣の運輸相となる。31年より武蔵大学学長に就任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:22人の政治家
請求記号:312.8-M942n
白黒、8.1×11.4 cm