片岡直温 かたおか なおはる(1859〜1934)

現在のカテゴリー:生年月日順:1850年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:高知県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家官僚
出身地(現在) 高知県
生没年月日 安政6年9月18日〜昭和9年5月21日
1859年10月13日〜1934年5月21日)

解説

父は高知藩士。明治10年(1877)高知陶冶学校卒。郡役所を経て、内務省に入り、滋賀県警部長となって退官。22年日本生命保険会社を設立。副社長を経て、36年社長に就任。関西鉄道の社長等も兼任。その間、25年衆議院議員当選(当選8回)。加藤高明内閣商工相、第1次若槻内閣蔵相を歴任。昭和2年(1927)蔵相在任中、震災手形整理に関する法案審議での失言が金融恐慌の引き金となり、内閣総辞職。5年貴族院議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大正昭和政治史の一断面 続回想録
請求記号:312.1-Ka577t
白黒、9.8×13.6 cm