風見章 かざみ あきら(1886〜1961)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:茨城県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト
出身地(現在) 茨城県
生没年月日 明治19年2月12日〜昭和36年12月20日
1886年2月12日〜1961年12月20日)

解説

明治42年(1909)早稲田大学卒業。『大阪朝日新聞』、『国際通信』、『信濃毎日新聞』の記者を務める。昭和5年(1930)立憲民政党から代議士に初当選。12年第1次近衛内閣の書記官長となり、15年第2次近衛内閣では法相として新体制運動を指導。戦後、公職追放。27年、衆議院議員当選。29年、片山哲・有田八郎らと護憲運動、憲法擁護国民連合代表委員、日中・日ソ国交回復国民会議理事長を務めた。30年、左派社会党に入党。原水禁運動・安保反対運動に参加した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:祖国
請求記号:310.4-Ka975s
白黒、9.8×13.7 cm