徳田球一 とくだ きゅういち(1894〜1953)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:と[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:沖縄県[前の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家社会運動家
出身地(現在) 沖縄県
生没年月日 明治27年9月12日〜昭和28年10月14日
1894年9月12日〜1953年10月14日)

解説

日本共産党の指導者。小学校の代用教員、郡役所書記を経て、大正9年(1920)日本大学専門部法律科を卒業後、弁護士となる。11年日本共産党の結成に参画し、中央委員に就任。12年第1次共産党事件で検挙される。昭和3年(1928)第1回普通選挙に立候補したが落選。直後に治安維持法違反容疑で逮捕され、以後、20年に釈放されるまで18年間獄中生活を送った。出獄後は、日本共産党中央委員会書記長に選出され、21年衆議院議員に当選する。25年GHQにより公職追放。以後、非合法活動に入り、亡命先の中国で客死した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:徳田球一伝
請求記号:289.1-To419Rt
白黒、10.9×15.5 cm