岡沢精 おかざわ くわし(1844〜1908)

現在のカテゴリー:生年月日順:1840年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:お[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:陸軍軍人[前の人物次の人物]

職業・身分 陸軍軍人
出身地(現在) 東京都
生没年月日 天保15年7月7日〜明治41年12月12日
1844年8月20日〜1908年12月12日)

解説

萩藩士の子。尊王攘夷運動に加わり、戊辰戦争に従軍。明治4年(1871)陸軍に編入、中尉となる。西南戦争には別働第1旅団参謀長として出征。近衛参謀長、陸軍次官兼軍務局長を経て、日清戦争時には大本営軍事内局長として天皇の側近となる。29年初代の侍従武官長となり、天皇の信任を得、41年に病死するまでその地位にあった。37年大将。40年子爵。

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:近代名士之面影 第1集
請求記号:419-34
白黒、8.1×11.1 cm