西尾末広 にしお すえひろ(1891〜1981)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:に[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:香川県[前の人物]

職業・身分 政治家社会運動家
出身地(現在) 香川県
生没年月日 明治24年3月28日〜昭和56年10月3日
1891年3月28日〜1981年10月3日)

解説

労働運動家。大阪陸軍砲兵工廠見習工など、職工として働く。大正4年(1915)友愛会入会、日本労働総同盟などを経て、15年社会民衆党中央執行委員。昭和3年(1928)衆議院議員(以後補欠選挙を含め計15回当選)。20年松岡駒吉らと日本社会党を結成。片山内閣の国務相兼官房長官、芦田内閣の副総理を歴任するが、23年10月に昭電事件で逮捕され辞職。33年東京高裁で無罪判決。35~42年まで民主社会党委員長、47年政界引退。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:大衆と共に 私の半生の記録
請求記号:289.1-N828t
白黒、8.4×10.5 cm