泉二新熊 もとじ しんぐま(1876〜1947)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:も[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:法律家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 法律家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 明治9年1月27日〜昭和22年10月25日
1876年1月27日〜1947年10月25日)

解説

明治35年(1902)東京帝大法科大学卒。東京控訴院検事、大審院判事、司法省行刑局長などを経て、昭和11年(1936)検事総長、14年大審院長に就任。この間、刑法改正原案起草委員会主査委員、刑法並監獄法改正委員会委員として、刑法改正案作成の中心的役割を担う。退官後、枢密顧問官に就任するが、21年公職追放。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:泉二新熊伝
請求記号:289.1-M896Im
白黒、10.6×13.6 cm