松井茂 まつい しげる(1866〜1945)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:広島県[前の人物次の人物]

職業・身分 官僚
出身地(現在) 広島県
生没年月日 慶応2年9月27日〜昭和20年9月9日
1866年9月27日〜1945年9月9日)

解説

軍医松井有隣の長男。明治26年(1893)帝国大学法科大学独法科卒業後、同年内務省入省。主として警察畑を歩む。38年警視庁第一部長となり日比谷焼打事件の鎮圧指揮にあたった。40年に韓国内部警務局長、44年静岡県知事、大正2年(1913)愛知県知事を歴任後、8年警察講習所長となり、警察幹部の訓育に情熱を注ぐ。昭和9年(1934)貴族院勅選議員。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:松井茂自伝
請求記号:289.1-M294m
白黒、8.7×12.6 cm