町田忠治 まちだ ちゅうじ(1863〜1946)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ま[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:秋田県[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家ジャーナリスト
出身地(現在) 秋田県
生没年月日 文久3年3月30日〜昭和21年11月12日
1863年5月17日〜1946年11月12日)
号・別称等 幾堂

解説

父は秋田藩士。明治20年(1887)帝国大学法科大学卒。法制局、朝野新聞、郵便報知新聞を経て、28年東洋経済新報社を創立。30年日本銀行に入り、のち山口銀行総理事、報知新聞社長となる。45年衆議院議員に当選、以後当選10回。立憲国民党、立憲同志会、憲政会、立憲民政党に所属し、昭和10年(1935)民政党総裁。第1次・第2次若槻内閣及び浜口内閣の農相、岡田内閣商工相・蔵相、第1次・第2次近衛内閣、平沼内閣の参議、小磯内閣の国務相を務める。20年日本進歩党初代総裁になるが、21年公職追放。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:町田忠治翁伝
請求記号:289.1-M249Mm
白黒、10.5×15.0 cm