古島一雄 こじま かずお(1865〜1952)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:こ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:兵庫県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト
出身地(現在) 兵庫県
生没年月日 慶応元年8月1日〜昭和27年5月26日
1865年9月20日〜1952年5月26日)
号・別称等 一念
古一念

解説

父は、豊岡藩士。杉浦重剛の門下生の一人で、『日本人』、『日本』、『九州日報』、『万朝報』等の記者として活躍。明治44年(1911)衆議院議員に当選。心酔していた犬養毅に従い、立憲国民党及び革新倶楽部に所属し、普通選挙法確立のために尽力した。大正13年(1924)護憲三派内閣で逓信政務次官を務めた。昭和7年(1932)貴族院勅選議員。戦後は幣原内閣の組閣に関与したが入閣せず。日本自由党総裁鳩山一郎の公職追放後その後任を懇請されたが吉田茂を推薦。吉田内閣の指南番として知られた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:古島一雄清談
請求記号:289.1-Ko713k-M
白黒、10.4×13.3 cm