川崎克 かわさき かつ(1880〜1949)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:三重県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト
出身地(現在) 三重県
生没年月日 明治13年12月28日〜昭和24年2月3日
1880年12月28日〜1949年2月3日)
号・別称等 克(こく)
克堂

解説

明治34年(1901)日本法律学校卒。雑誌『鳳声』の創刊、尾崎行雄の秘書、『日本新聞』記者、自治新聞社社長兼主筆を経て、大正4年(1915)衆議院議員となり、憲政会、立憲民政党に属した。昭和16年(1941)大政翼賛会を違憲として追及し、鳩山一郎芦田均、鈴木文治らと「同交会」を結成、翌年の「翼賛選挙」で当選。21年公職追放。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:川崎克伝
請求記号:289.1-Ka914Kk
白黒、10.5×13.0 cm