河合良成 かわい よしなり(1886〜1970)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:富山県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 富山県
生没年月日 明治19年5月10日〜昭和45年5月14日
1886年5月1日〜1970年5月14日)

解説

明治44年(1911)東京帝大法科大学を卒業後、同年農商務省に入省。米騒動後の大正8年(1919)外米課長を最後に退官。東京株式取引所、日華生命(後の第百生命)、福徳生命などの役員となる。昭和9年(1934)帝人事件に連座し検挙されるが無罪に。14年以降、満洲国顧問、東京市助役、運輸通信省船舶局長を歴任。戦後は農林次官、第1次吉田内閣の厚相となるが、22年に公職追放。同年、小松製作所社長に就任、後に会長。26年公職追放解除。27年衆議院議員。日経連、経団連の常務理事としても活躍。日中・日ソの経済交流にも尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:私の人生遍路
請求記号:289.1-Ka797w
白黒、9.5×13.8 cm