樺山愛輔 かばやま あいすけ(1865〜1953)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:か[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:鹿児島県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 鹿児島県
生没年月日 慶応元年5月10日〜昭和28年10月21日
1865年6月3日〜1953年10月21日)

解説

父は鹿児島藩士橋口与三郎。海軍大将樺山資紀の養子となる。同仁舎、神田共立学校を経て明治13年(1880)渡米。22年アマースト大学卒業後に渡独し、ボン大学入学。24年帰国。39年以降、函館船梁、北海道炭鉱汽船、日本製鋼所、千代田火災保険などの重役を歴任。また大正3年(1914)国際通信社創立・社長。11年伯爵を継ぎ、14年貴族院議員。昭和4年(1929)ロンドン海軍軍縮会議日本全権委任随員。21年枢密顧問官。日米協会会長や国際文化会館理事長なども務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:樺山愛輔翁
請求記号:289.1-Ka1382Kk
白黒、10.4×13.0 cm