泉山三六 いずみやま さんろく(1896〜1981)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:山形県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家
出身地(現在) 山形県
生没年月日 明治29年3月30日〜昭和56年7月7日
1896年3月30日〜1981年7月7日)
号・別称等 泉山間窓(いずみやま かんそう)

解説

第一高等学校を経て、大正10年(1921)東京帝大法学部卒業後、三井銀行入行。三井の大番頭、池田成彬の命を受け、本来の銀行業務を離れて、軍人や官僚との間の連絡役を務める。昭和12年(1937)~15年(1940)には石原莞爾が満鉄経済調査会の宮崎正義に依頼して設立した日満財政経済研究会に参加する。22年4月衆議院議員に当選、翌年10月第2次吉田内閣の蔵相・経済安定本部総務長官に就任したが、同年12月13日夜、国会内で泥酔事件を起こし、蔵相と議員を辞任した。その後参議院議員を2期務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:トラ大臣になるまで 余が半生の想ひ出
請求記号:289.1-I996t-(2)
白黒、9.3×13.2 cm