岩波茂雄 いわなみ しげお(1881〜1946)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治14年8月27日〜昭和21年4月25日
1881年8月27日〜1946年4月25日)

解説

明治41年(1908)東京帝大哲学科選科卒。神田高等女学校、東京女子体操音楽学校で教鞭を執ったが、辞職して大正2年(1913)主として古本を扱う岩波書店を開業。翌3年夏目漱石の『こゝろ』を出版し、出版業に進出。『哲学叢書』や『漱石全集』、古今東西の古典的価値のある名著の普及を目ざした岩波文庫の刊行、全巻書き下ろしを原則とし、世界的視野と科学的知識を提供することを目的とした岩波新書の創刊等により、「岩波文化」と称される出版文化を築いた。15年津田左右吉の著書出版に関し起訴されたが19年免訴。昭和20年(1945)多額納税者として貴族院議員となり、21年文化勲章を受章。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:茂雄遺文抄
請求記号:289.1-I922s
白黒、7.3×10.4 cm