一万田尚登 いちまだ ひさと(1893〜1984)

現在のカテゴリー:生年月日順:1890年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:大分県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家実業家
出身地(現在) 大分県
生没年月日 明治26年8月12日〜昭和59年1月22日
1893年8月12日〜1984年1月22日)

解説

大正7年(1918)東京帝大法科大学卒、同年日本銀行入行。昭和19年(1944)理事に昇任、大阪支店長を経て、21年第18代日本銀行総裁となる。戦後復興期におけるインフレ抑制に努め、銀行界、産業界への影響力の大きさから「法王」とよばれる。26年にはサンフランシスコ対日講和会議全権委員。29年日銀総裁を辞任、第1次鳩山内閣の蔵相を務める。30年衆議院議員となり、第2次・第3次鳩山内閣及び第1次内閣の蔵相を歴任。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:一万田尚登伝
請求記号:289.1-I761Ai
白黒、8.0×10.5 cm