一木喜徳郎 いちき きとくろう(1867〜1944)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:官僚[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:学者(社会科学)[次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:静岡県[前の人物次の人物]

職業・身分 学者(社会科学)官僚政治家
出身地(現在) 静岡県
生没年月日 慶応3年4月4日〜昭和19年12月17日
1867年5月7日〜1944年12月17日)

解説

法学者。豪農で後の衆議院議員岡田良一郎の次男。のち一木家を継ぐ。明治20年(1887)帝国大学法科大学卒業後、内務省入省。23年ドイツに留学。帰国後、27年より、内務省書記官兼法科大学教授。33年貴族院議員に勅選され、第1次・第3次内閣で法制局長官、第2次桂内閣で内務次官を歴任。大正3年(1914)第2次大隈内閣の文相、翌年内相。6年枢密顧問官、13年枢密院副議長、14年宮相となり、退官後男爵。昭和9年(1934)枢密院議長となるも、翌年の天皇機関説事件で右翼から攻撃を受け、11年辞任。美濃部達吉は門下生。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:一木先生回顧録
請求記号:289.1-I757i
白黒、9.1×13.5 cm