石橋湛山 いしばし たんざん(1884〜1973)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:い[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家首相[前の人物次の人物]

職業・身分 政治家ジャーナリスト首相
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治17年9月25日〜昭和48年4月25日
1884年9月25日〜1973年4月25日)
号・別称等 石橋省三(いしばし せいぞう)

解説

実父は身延山久遠寺八十一世法主の杉田日布。石橋は母方の姓。明治40年(1907)早稲田大学文学部哲学科を卒業。44年東洋経済新報社に入社、のち主幹、社長。帝国主義的潮流下で自由主義的論説を主張し、「小日本主義」を唱えた。第1次吉田内閣で蔵相に就任。昭和22年(1947)衆議院議員に当選したが、公職追放となり辞任。追放解除後、衆議院議員となり、第1~3次鳩山内閣の通産相を経て、31年12月、自民党初の総裁公選で総裁となり、首相に就任したが、病気療養のため翌32年2月辞任。晩年は日中・日ソ交流に尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:湛山回想
請求記号:289.1-I532t
白黒、11.4×13.8 cm