藤原銀次郎 ふじわら ぎんじろう(1869〜1960)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ふ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:長野県[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家
出身地(現在) 長野県
生没年月日 明治2年6月17日〜昭和35年3月17日
1869年7月25日〜1960年3月17日)

解説

明治22年(1889)慶應義塾卒。三井銀行、三井物産を経て、44年業績不振の王子製紙の専務に就任。経営立て直し、先進技術の導入、事業拡大を主導。後に大正9年(1920)社長となり、会長となる。昭和8年(1933)富士製紙、樺太工業などを吸収合併し、王子製紙は国内市場の大半を独占する大製紙会社となり、13年会長に就任。4年貴族院議員となり、米内内閣・商工相、東条内閣・国務相、小磯内閣・軍需相を歴任。戦後に公職追放。一方、14年藤原工業大(現慶大理工学部)、34年藤原科学財団を設立し、教育・社会事業にも尽力した。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:藤原銀次郎回顧八十年
請求記号:289.1-H988Sh-(5)
白黒、11.4×14.7 cm