平塚らいてう ひらつか らいちょう(1886〜1971)

現在のカテゴリー:生年月日順:1880年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:東京都[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:社会運動家[前の人物次の人物]

職業・身分 社会運動家
出身地(現在) 東京都
生没年月日 明治19年2月10日〜昭和46年5月24日
1886年2月10日〜1971年5月24日)
号・別称等 奥村明(おくむら はる)
平塚明子(ひらつか はるこ)
平塚明(ひらつか はる)

解説

明治39年(1906)日本女子大学家政科卒。44年青鞜社を設立し、女性文芸誌『青鞜』を刊行。創刊号に日本の女権宣言といわれる「元始、女性は太陽であった」を執筆した。青鞜社員の言動は「新しい女」として脚光を浴びながらも、非難の的となった。母性保護論争に加わる一方、大正9年(1920)市川房枝らと新婦人協会を結成し、婦人参政権運動に尽力。森田草平との心中未遂事件や、奥村博史との共同生活でも知られる。戦後は、平和運動と女性運動に力を注ぎ、日本婦人団体連合会会長、国際民主婦人連盟副会長などを務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:わたくしの歩いた道
請求記号:289.1-H537w
白黒、8.0×10.8 cm