平生釟三郎 ひらお はちさぶろう(1866〜1945)

現在のカテゴリー:生年月日順:1860年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:ひ[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:実業家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岐阜県[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:政治家[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:教育家[前の人物次の人物]

職業・身分 実業家政治家教育家
出身地(現在) 岐阜県
生没年月日 慶応2年5月22日〜昭和20年11月27日
1866年7月4日〜1945年11月27日)

解説

父は美濃国加納藩士。明治23年(1890)高等商業学校(現一橋大学)卒業。在学中、平生忠辰の養子となる。卒業後、仁川海関幇弁、神戸商業学校長を経て、27年東京海上保険に入社。大正6年(1917)専務取締役に就任。退社後、昭和8年(1933)に川崎造船所社長、12年に日本製鉄取締役会長となり、その後鉄鋼連盟会長、鉄鋼統制会会長を歴任。鉄鋼業の発展に寄与し、戦時経済の推進に努めた。10年貴族院議員。11年広田内閣文相となり以後、大日本産業報国会会長、枢密顧問官を務める。一方、大正12年甲南高等学校(現甲南大学)を創立し、理事長も務めた。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:平生釟三郎追憶記
請求記号:289.1-H514Th
白黒、9.3×12.8 cm