馬場恒吾 ばば つねご(1875〜1956)

現在のカテゴリー:生年月日順:1870年代[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:人名50音順:は[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:職業・身分:ジャーナリスト[前の人物次の人物]

現在のカテゴリー:出身地:岡山県[前の人物次の人物]

職業・身分 ジャーナリスト
出身地(現在) 岡山県
生没年月日 明治8年7月13日〜昭和31年4月5日
1875年7月13日〜1956年4月5日)

解説

同志社神学校、東京専門学校(後の早稲田大学)等で学ぶ。明治33年(1900)ジャパン・タイムス社入社。42年英文雑誌『オリエンタル・エコノミック・レビュー』(後の『オリエンタル・レビュー』)創刊にあたり派米され、同誌副編集長(associate editor)に就任。 大正2年(1913)帰国後は、『ジャパン・タイムズ』編集長を経て、3年国民新聞社に移り、外報部長、編集局長、政治部長等を歴任。13年退社し、評論活動にはいった。昭和20年(1945)読売新聞社長、同年貴族院勅選議員、21年公職適格審査委員、24年日本新聞協会会長。26年新聞文化賞(第1回)受賞。

参考ウェブサイト

写真1

新しいウィンドウで写真1の拡大画像を開きます

出典:自伝点描
請求記号:289.1-B41z
白黒、10.8×14.8 cm